むぎむぎそらら

ワイヤーダックスの麦と空 2匹と飼い主のお気楽生活のあれこれ・・・
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 呆気ない別れTOPひとりごと ≫ 呆気ない別れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

呆気ない別れ

我が家の庭にできた小さなメジロの巣
お母さんメジロが一生懸命卵を温め、小さな小さなヒナが4羽かえりました

親メジロがいない時は巣の中に固まって身体を小さくして
親メジロが帰ってくると精一杯首を伸ばして黄色いくちばしを上に向けてピイピイ
それはそれは可愛くて可愛くて
夫も私も
少し離れた庭陰から望遠レンズで毎日ヒナの成長を楽しみに見守っていました
気持ちはもう孫の誕生を喜ぶ爺と婆でした

ピンク色だった肌に羽が生え始め
やっと黒い羽にピンクの肌が隠れたのが昨日
夕方そっと覗いたときには4羽揃ってピイピイ鳴いていたのに

今朝、庭に出てみると
トネリコの木の傍にあったテラコッタの重い花鉢がひっくり返り帰り
茂っていた木の枝が何本が折れ
巣こそ落ちてはいなかったものの
中にいるはずの4羽のヒナの姿は無くなっていました

パニックになりながら
ひっくり返った花鉢を起こしヒナが1羽でも落ちて残っていないか捜しました
散乱した土の中に、巣の中でヒナが包まっていた藁の様な内巣が落ちていました
木の幹には爪を立てた様な傷痕が何本も残っていました

野良猫が襲ったのだろうと主人が言いました

小さな命は巣の外の広い空を知ることなく
余りにも呆気なく消えていってしまいました

卵が孵ってから毎日、
育っていく姿を写真に納めていました
元気に巣立ったらブログにも載せるつもりでいました
でも、
あまりに悲しい突然の終わりになってしまいました

今は只々悲しくて悲しくてたまりません



201606241328154a9.jpeg
空がおもちゃを咥えて私の横にくっついてきました
私がションボリ落ち込んでいるので
“お気に入りのウサコちゃんを貸してあげるよ”
と、言ってる様な気がする
‥‥こんな時に親バカ‥‥
スポンサーサイト
ひとりごと | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。