むぎむぎそらら

ワイヤーダックスの麦と空 2匹と飼い主のお気楽生活のあれこれ・・・
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ひとりごと
CATEGORY ≫ ひとりごと
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

三歩進んで二歩下がる

25日は麦の誕生日だった
生きていてくれれば12歳になっているはずだった

メジロの赤ちゃんのことがあってひどくブルーな気分でいたもので
ソファーに寝っ転がってボーッとしていたら
勝手に「ムーよ〜」と麦を呼んでしまっていた
私がこう呼ぶ時は大体落ち込んでいる時で、
よくわかっている麦はどこにいても飛んで来てベロベロしてくれる子だった

麦を送ってもう8ヶ月になる
時間はどんどん流れて
私も空も穏やかに日々過ごしているのだけれど
時々たまらなく麦に会いたくなる
麦をぎゅーっと抱きしめたくなる
「ムーよ」と呼びたくなる

でも、もう呼んでも飛んで来てくれる麦はいなくて
その声を聞いて空が激しく動揺する
本当に、犬もどうしていいのかわからない時はうろたえる
オロオロしてしまうのだ
空だって麦に会いたいに決まっているものねえ

なので、このごろは1人で運転している時
車の中で思いっきり麦の名前を呼ぶことにしている
麦〜
ムーちゃん〜
ムーよ
麦に会いたいよお〜!
いい歳したおばさんがオイオイ泣きながら
叫びながら運転しているので
対向車の人はびっくりポンだろうけど〜


20160629003510e52.jpeg
麦に会いたいなあ〜
スポンサーサイト
ひとりごと | Comments(0) | Trackbacks(-)

呆気ない別れ

我が家の庭にできた小さなメジロの巣
お母さんメジロが一生懸命卵を温め、小さな小さなヒナが4羽かえりました

親メジロがいない時は巣の中に固まって身体を小さくして
親メジロが帰ってくると精一杯首を伸ばして黄色いくちばしを上に向けてピイピイ
それはそれは可愛くて可愛くて
夫も私も
少し離れた庭陰から望遠レンズで毎日ヒナの成長を楽しみに見守っていました
気持ちはもう孫の誕生を喜ぶ爺と婆でした

ピンク色だった肌に羽が生え始め
やっと黒い羽にピンクの肌が隠れたのが昨日
夕方そっと覗いたときには4羽揃ってピイピイ鳴いていたのに

今朝、庭に出てみると
トネリコの木の傍にあったテラコッタの重い花鉢がひっくり返り帰り
茂っていた木の枝が何本が折れ
巣こそ落ちてはいなかったものの
中にいるはずの4羽のヒナの姿は無くなっていました

パニックになりながら
ひっくり返った花鉢を起こしヒナが1羽でも落ちて残っていないか捜しました
散乱した土の中に、巣の中でヒナが包まっていた藁の様な内巣が落ちていました
木の幹には爪を立てた様な傷痕が何本も残っていました

野良猫が襲ったのだろうと主人が言いました

小さな命は巣の外の広い空を知ることなく
余りにも呆気なく消えていってしまいました

卵が孵ってから毎日、
育っていく姿を写真に納めていました
元気に巣立ったらブログにも載せるつもりでいました
でも、
あまりに悲しい突然の終わりになってしまいました

今は只々悲しくて悲しくてたまりません



201606241328154a9.jpeg
空がおもちゃを咥えて私の横にくっついてきました
私がションボリ落ち込んでいるので
“お気に入りのウサコちゃんを貸してあげるよ”
と、言ってる様な気がする
‥‥こんな時に親バカ‥‥
ひとりごと | Comments(0) | Trackbacks(-)

メジロ

mejiro2

庭のトネリコの木にメジロが小さな巣を作りました
毎日そばをウロウロしていたのにちっとも気がつきませんでした

冬の間毎日みかんを食べに来ていたメジロさんかな?

何処かのサイトで
昔は人の手の届かないところで巣作りをした小鳥たちも
それのできない今の都会では
信頼出来る人の側に巣作りをする
っていう説を見たのを思い出した

そうだと良いなあ〜
ずっとおみかんを食べに来ていて、
私達のことを認めてくれたなら嬉しいなあ

何年か前にも一度同じように
多分メジロが巣を作ったことがあったのだけれど
その時は途中で巣作りをやめてしまったのだった

ドキドキ遠くから観察していたら
なんてこと!
メジロの母さんが卵を抱えているじゃないの!!

今回こそはと、前にも増して慎重に
トネリコの植わっている側の雨戸は決して開けません
毎年この時期に来る植木屋さんにもしばらく延期してもらうよう連絡して、
なるだけ庭にも出ず、近寄らず
どうしてもそばを通る時は
立ち止まらず、目を合わさず

どうぞ無事にヒナが育ちますようにと祈る毎日です


ひとりごと | Comments(0) | Trackbacks(-)

痛恨の大失敗

先日、
しばらく使っていなかったカメラの写真を現像しようと
SDカードを抜き出し、
カバンの中に入れたまま数日…

いざ現像しようと鞄を探したけれど何処にも見当たらず((((;゚Д゚)))))))
家に帰ってカバンの中から車の中からひっくり返し
出歩いた先にも電話をかけて聞いたけど
どこにも見当たらず
どこかで落っことしてしまった模様…・゚・(つД`)・゚・

もっときちんとカバンに入れておけばよかったのに
いい加減に裸でカバンのファスナー部分に放り込んでしまった
現像したかった写真はたいしたものじゃないけど
ブログをサボってからパソコンにも取り込んでいない
麦と空の写真が少し残っていたはず…
もう取り返しがつかない

痛恨の極み…


2016.2.17

空ちんの視線でさえ責められてる気がするよ…(つД`)ノ
ひとりごと | Comments(0) | Trackbacks(-)

年明けに思う事

新年は帰省先大阪で迎えました
帰ってきて、やれやれとしていたらもう今日は6日です
遅ればせながら

新年明けましておめでとうございます




昨年は10月末に麦が急逝してしまいました
実のところ、その後はどうやって過ごしたのか…
ただただ時間が過ぎていくだけの様な気がしていました

年末年始の雑踏の中にいると
人の波に飲み込まれる様で
淋しいとか悲しいとかそんな思いを抱えていた私も
おそらく嬉しいとか楽しいとかそんな思いを抱えていた人達も
みんな混ぜ合わされて掻き回されてしまう圧倒的な勢いに流される様でした

時間の流れというのもそんなものなのかもしれません
ずっと同じところにいることは出来ないし
そうやって時間の流れに飲み込まれる事で
いろいろな思いも浄化されていくのかな


今年も空と一緒にゆっくりと過ごして行こうと思います
サボりがちなブログですが、どうぞ今年もよろしくお願いします


ひとりごと | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。